2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 癌との共存 | トップページ | 転移判明しました »

2016年3月31日 (木)

入院中に読んだ本ランキング

入院中は午前、午後のリハビリ以外はとにかく時間をもてあましたので、久しぶりに読書に耽りました。
20代前半から後半までは活字中毒といってもいいほどで、「本の雑誌」を定期購読して情報を仕入れ、書店や古書店をまわって、次に読む本を常にストックしてました。
主に読んでいたのは海外ミステリー系でしたが、「本の雑誌」で紹介されていて興味を持った本など、ノンフィクション、日本文学、海外文学、冒険もの、SFなどジャンルを問わず読んでいました。
20代後半でパソコンとネット環境を手に入れてからはそちらにのめり込んでしまい、読書とは縁遠くなってしまってました。

入院中に読んだ本は10作品14冊。積ん読になってたものだったり、売店で買ったり、患者用図書館で借りたりしました。
上位2作は特に気に入ったので、内容と一言コメントを添えたいと思います。

ではランキング発表note

10位 恩田陸 Q&A 幻冬舎文庫
9位 石田衣良 LAST  講談社文庫
8位 リシャール ケルラン 迎撃のスホーイ 上・下
7位 宮部みゆき 誰か 文春文庫
6位 ジョン・ハート アイアンハウス 上・下 ハヤカワ・ミステリ文庫
5位 横山 秀夫 ルパンの消息 光文社文庫
4位 宮部みゆき 楽園 上・下 文春文庫 
3位 東野 圭吾 白夜行 集英社文庫

そして2位はsign01

スティーブン・ハンター 極大射程 上・下 扶桑社ミステリー

内容
海兵隊退役一等軍曹ボブ・リー・スワガー。ヴェトナム戦争で目覚ましい戦績を遺した名狙撃手はアーカンソー州の片田舎でひっそりとトレーラー暮しをしていた。日々の友はライフルと年老いた犬。その彼を二人の男が訪れ、最新技術で製作された弾丸の試射を持ちかけた。ボブはその申し出を受ける。彼は条件の異なる難射撃を次々にクリアし、1400ヤードの長距離狙撃も成功させ、周囲の人間を驚嘆させた。だが、この試験射撃はボブを巻き込んで展開される巧妙に仕組まれた謀略の始まりだった…。

一言コメント
一時期ミリタリー系FPSゲームにはまっていて、ミリタリー関係をネットでいろいろ漁ってた時に知って購入したが、積ん読になってた本。前半は鈍重だが、中盤で物語が動き始めるとそこからは一気読み。ちょっとご都合主義なところや主人公がスーパーマンすぎるかなってとこもあるけど、ハリウッドのアクション映画的な爽快感があります。

そして栄えあるshine1位shinesign03

熊谷達也 邂逅の森 文春文庫

内容
秋田の貧しい小作農に生まれた富治は、伝統のマタギを生業とし、獣を狩る喜びを知るが、地主の一人娘と恋に落ち、村を追われる。鉱山で働くものの山と狩猟への思いは断ち切れず、再びマタギとして生きる。失われつつある日本の風土を克明に描いて、直木賞、山本周五郎賞を史上初めてダブル受賞した感動巨編。

一言コメント
よくチェックしてるブログでおすすめだったので、家族に頼んで買ってきてもらいました。
主人公のマタギ(=猟師)富治が、山の神との邂逅、人々との邂逅、試練との邂逅を通じて成長していく物語。波乱万丈な生き様の主人公と一体化し、ぐいぐい引き込まれました。壮絶なラストシーンは胸が熱くなります。

以上入院中に読んだ本ランキングでしたhappy01
1位の邂逅の森は、久々に読書の醍醐味を十分に味わえた作品でした。未読の方にはぜひ読んでほしいです(○゜ε゜○)ノ

« 癌との共存 | トップページ | 転移判明しました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583272/63419769

この記事へのトラックバック一覧です: 入院中に読んだ本ランキング:

« 癌との共存 | トップページ | 転移判明しました »